門人ログイン
メニュー

武術を修め、誠を煉り磨く

敵を斬らず、己を斬らず 惻隠の情と礼節を以て、互いを活かす道を歩む

武術を学びたい、自分を高めたい
そう願ったのは何故でありましょうか

煉誠館(れんせいかん)は、日本の古流武術である「大東流合気武術」を鍛錬し、修行の日々の中で人間的成長を目指す団体です。

人間が社会の中で生きていく以上、様々な難事に直面することは避けられません。
現代の日本においても、利益の奪い合いや競争原理などによって、多くの人が心を疲弊させています。利己的な感情を優先し、拝金や権威を偏重する風潮も、未だ解決されていないように思えます。理想と現実の狭間で、息苦しさを感じておられる方も少なくないでしょう。

しかしながら、我々はそのような社会の中で、自身が歩む道を見出すしかありません。
例えどのような世の中であったとしても、自己の価値を確信し、社会的な立ち位置を創造しながら生きていくしかないのです。

そのためには、絶えず自身を磨こうとする向上心、己が恥とする行為に流されない美意識、他者と共感し幸せを分かち合おうとする惻隠の情などが必要となるでしょう。

それらは、人が生まれながらにして持っている強さではありますが、継続的に磨かなければ、錆びて朽ち果ててしまうものです。
ゆえに、煉誠館は、武術の稽古の中で己を見つめ、人間としての強さを模索します。自身が精神的武士であるという誇りを胸に、確信を持って人生を歩んでいけるよう、世界との関わり方を求め続けます。

武術は本来、人を殺めるために練り上げられてきた技術です。日本刀などの武具で、あるいは素手で他人を傷つけることが、武術の原点です。

ですがそれは、武術という思想の一面に過ぎません。
武術は暴力の方法論などではなく、人間としての「あり方」を体感するための方便です。かつて、武士たちが生涯をかけて追及したものが、単なる人殺しの道具であるわけがありません。
その体系を学ぶことにより、人の可能性を広げて心身を解き放ってくれる、日本が誇るべき叡智です。

他力一乗。
煉誠館の大東流合気武術は、この言葉に回帰します。
流れに逆らわず、自己本位な思考を捨て、物事を自然のままに受け入れる。自他の境界を消していき、己の心身を己以外の存在に預けることが肝要であり、そこに至って初めて、技が業となり、術が道となります。

このサイトをご覧になり、もし日本の武術に可能性を感じられる方は、ぜひ、我々と共に新たな価値観を見つけていきましょう。
古来、武士が修めてきた古流武術の中に、心身の不自由さを解決する糸口があると、煉誠館は信じています。

ページ上へ