門人ログイン
メニュー

煉誠館の技法

粗い欲望から、繊細な問い掛けに

剣術を中心とした体系

煉誠館の母体となっているのは、大東流合気武術という日本古来の古流武術です。
当流代表師範の荒木が、修めた大東流(西郷派大東流合気武術)の技法を思想に沿って整理し、独自に体系化したものが、煉誠館の武術であります。

技法としては、「剣術」を中心にした体系が編まれているのが特徴的です。入門者は、例外なく剣の手解きを受け、素振りや体捌き等の鍛錬を通じて、基礎の身体作りと術理の習得を目指します。

剣術は全ての根幹となる技法であり、その術理を抜きにして煉誠館の武術が成立することはありません。素手で敵を捕り抑える「柔術」においても、体の使い方は剣術と全く同じであり、柔術という技法が独立して存在しているわけではないのです。

現代の武道や格闘技は、素手での攻防が主体となっているため、素手の技術が剣の延長上にあるという考え方は珍しく感じられるかもしれません。

ですが、元々が武士の嗜みであった日本の武術は、体術よりも先に剣があり、全てが剣の派生なのです。当会の口伝にも「柔術は素手の技にあらず、剣を持たない剣術であり、剣の裏技である」とあります。

剣の修行で練り込んだ胆力、体捌き、精神の運用は、あらゆる技法の基盤となります。それゆえに初学者は、剣の習得を第一の課題とするのです。

何よりも、日本の武術を学ぶ者にとって「日本刀」を扱う剣術は、特別な意味合いがあります。
現代人にとって、日本刀は、敵を斬り殺すための道具ではありません。日本刀の高潔さを自身と比べて内省し、生死を模索することで世界との縁を深め、人間として成長するためにこそ用いられます。
古来の武士が精神的支柱とした日本刀は、生きる道を模索する現代の求道者に相応しいものでありましょう。

精神を高め、人間としての存在に迫る

そして、そのような剣の術理を修得する過程で、「力貫」という高級理論の修得や、「行法」を通じた精神の拡大を目指します。

力貫は、日本武術の精髄とも呼べる術であり、敵の力を抜いて無効化してしまう技術です。大東流に伝わる「合気」と同等の術ですが、それゆえに習得は難解です。理論を知ったからといって、すぐに使えるというものではありません。何年も自分と向き合い、失敗を重ねながら、真摯に求め続けることで少しずつ気付きを得るのです。

そのような精進の日々を重ね、ある程度、技法に慣れてくると、やがて術者には精神的な変化が訪れます。人によって感じ方は様々ですが、敵に勝ちたい、勝つための技術が欲しい、といった粗い欲望は薄れていき、代わりに、「敵に勝つよりも大切なものは何であるか?」といった繊細な問い掛けが、自身の心に現れるのです。

そこに至って修行者は道の入口に立ち、武術を通じて、人としてのあるべき姿を模索し始めます。

逆説的ではありますが、敵に勝つよりも大切なことを見つけるために、一度は敵に勝つ具体的な技術を身につける必要があるのです。

煉誠館は、単に敵を傷つける技法の修得を目標にしておりません。もちろん、護身術としての意義はありますが、それは修行の中で副次的に身につく能力に過ぎず、最終的な目的とは異なります。

剣術から始まった技法は、様々な派生技術に応用され、武術者の精神を高めながら人間としての存在に迫るものです。もちろん簡単ではありませんし、長い年月と継続の努力が求められます。が、「他者を蹴落としでも勝利を得たい」という狂気を「互いを活かし慈しむ優しさ」に変える、そのための力が、武術にはあるのです。

武術の技法は、その最終目標に迫るための方便であるというのが、煉誠館の姿勢です。

ページ上へ