門人ログイン
メニュー

特徴と目的

他流との違い、武術への考え方

煉誠館は、日本の古流武術、大東流合気武術(西郷派大東流)を母胎としております。
道衣を着て稽古を行い、素手で組み合うこともあるため、見様によっては、現代武道や格闘技と似ていると感じられるかもしれません。

が、大東流合気武術の技法や思想は、一般的な現代武道や格闘技とは異なった体系を持っております。「自分自身を高める」という目的は現代武道も古流も同じでありましょうが、そこに込めた想いと解釈が異なっております。

ここでは、当流の概略を知っていただくために、特徴や目的などを簡単に紹介いたします。

剣を中心とした技法体系

煉誠館の特徴を、技法面で申しますと、

『剣の技法(術理)が中心にあり、他の技法はその派生である』

という点が、現代武道などでは見られない大きな特徴であろうかと思います。
煉誠館の武術を学ぶ者は、まず最初に剣の基礎を修めてから、その術理を他に広げていきます。

剣は、言うまでもなく日本刀であり、かつては武士の魂とも表現された霊器であります。剣を用いて敵を打ち払う技法には、古流武術の土台となる体捌き、足使い、内観など、全てが内包されているのです。

それゆえに、剣の術理は剣のみで完結するのではなく、他の技法、人間的成長にまで広がるというのが、煉誠館の思想です。

素手の術である「柔術」においても、剣とは全く別物であると思われがちですが、その動きは剣の鍛錬で培った胆力や身体用法そのものであり、本質的に同じものです。「柔術は剣の裏技」と称される所以であります。

また、日本刀は殺傷能力を磨き上げられた武具であると同時に、自分自身を修め、精神を浄化する手掛かりとなります。

武士が修めた古流武術の思想は、仏教、神道、儒学などの影響を受けてはいるものの、その根幹は、やはり剣であります。自他を殺し、活かす剣の術理を精神に落とし込むことが、そのまま人間的成長につながると確信し、日々の励みとするのです。

自他を守る護身術として

煉誠館の武術は、競技試合での勝敗や、闘争の強さを追求するものではありません。ですが、暴力に対する護身という、武術の一面を軽視しているわけではないのです。武術を学ぶ者にとって、戦いの技術を磨くのは当たり前のことであり、別段特筆すべきものではないというだけの話であります。

自明ではありますが、この世は善人ばかりではなく、非情でモラルのない者も少なからず存在しています。例えあなたが善良な人であったとしても、その努力とは一切関係なく、理不尽な暴力が振りかかることもあるでしょう。

確率は限りなく低いかもしれない。ですが、予期せぬ犯罪に巻き込まれ、心に深い傷を負ったり、命を落とす人も確実に存在しているのです。インターネットやテレビのニュースでは、毎日のように、悲しい事件が報道されています。

万が一、そのような事件に巻き込まれた時、あなたはどうしますか?
自分自身が被害に合うのなら諦めがつくかもしれない。でも、もし家族や恋人が理不尽な暴力に巻き込まれたとしたら……仕方がないと、諦められるでしょうか。

もし護身術を修めていれば、そのような事態に遭遇した時の行動に幅が生まれます。敵を打ち倒さないまでも、虚を突いて、その場から逃げることができるかもしれません。

精神論だけで暴力を退けることは不可能です。自分自身や、大切な者を守るために、最低限の護身術を修めておくことは、決して無駄ではないと煉誠館は考えています。

人間として価値のある生き方は何か?

武術は、かつてこの国を修める立場にあった武士たちが、己を高めるために重用した修練の体系です。

己を高めるとは、自分がより良い存在であるために思索を重ねるということです。常に自己の内面を見つめながら、死と向き合い、大自然に学び、人間として価値のある生き方を求めるということです。

一般に、武術は単なる「暴力の手段」と思われがちです。が、本来の武術の姿は、決してそのようなものではありません。そんな幼稚で程度の低いものであったとしたら、かつての武士たちが熱心に求めたわけがないのです。

煉誠館は、武術が持つ精神的な側面を重視して、有意義な人生を全うするための手段として、武術を活用していきたいと考えております。

武術とは生き方であり、日々に確信を得るための実修の道です。

真摯に生きようとする人々が、人生に落胆してしまわないように。

世の中との縁を深め、自身の歩みが価値あるものだと信じられるように。

己を高める手段は、何も武術に限りません。仕事で、家庭で、学業で、スポーツで、趣味で、宗教で、自分自身の行為を振り返りながら真摯に求めれば、全てが自己成長の礎となります。

ですが、武術でしか得られない気付きがあるのも事実です。また、武術と相性が良く、他の分野よりも成長の効率が良い人もおります。

煉誠館は、自己成長の手段として武術を選んだ者が集まり、互いを磨き合う場です。世の中と向き合う勇気を養い、難事の中で自身を磨く知行合一の実践が、煉誠館の願う武術の形なのです。

ページ上へ