門人ログイン
メニュー

何のための修行か

この世で果たすべき課題を知る

己を知り、より良くあるために

武術の修行は、目の前の勝利を得るために行うものではありません。戦闘の技術を方便としているため、どうしても勝利を得ることが目的であるかのように見えますが、それは早計というものです。

単に争いごとに勝ちたいだけであれば、武術に習熟せずとも、他に良い方法がいくらでもあります。同じように、暴漢から身を護る狭義の護身術という意味合いで武術を捉えるのも、本来の価値を見誤ってしまうことになります。もちろん、武術を学ぶことで護身術は身に付きますが、煉誠館においては、それを主目的とはしておりません。

では、何のために武術の修行を行うのか?

人それぞれ、この世で果たすべき課題があるので一概には言えませんが、武術の修行を通じて己を知り、より良い存在になるべく向上していくこと自体が目的ではないでしょうか。

稽古はもちろん、日々の生活、仕事、学業、与えられた環境の中で、自身の存在を磨いていく。その道程は容易ならざるものですが、一歩ずつ、ただ淡々と向上を目指す。そのためこそ、武術の修行を役立てるのです。

武術は、ややもすると、闘争の促進を目的としているかのように見えます。

それゆえに、他者との争いに勝つという二元的な価値観から始まって、そがてその無意味さに気づき、最後には、己が天命を精一杯全うすることが真実であることに気づかせてくれます。

凡夫の身では、いきなり真理を耳にしても理解出来ないため、粗野な欲望や執着を契機とする武術は良い方便となるのでしょう。

目先の勝敗にこだわる表層的な欲望は、他者と自分とを比較するところから生まれます。人は、それぞれが自分だけの課題を持って生まれてくるのですから、才能も、能力も、性質も様々です。他者と自分を比較することは無意味であり、天と向き合いながら、自分に与えられたものを高め続ける。そのためにこそ、武術を活用していただきたいのです。

全ての基盤は、自分自身。何を為すにしても、自分自身の人格や品性をおろそかにしていては、良い結果につながるわけがありません。

わざわざ貴重な時間や金銭を費やして修行するのですから、目的を見誤らずに、武術と向き合いたいものです。人殺しの技術を習得することだけに価値を見出し、一喜一憂していたのでは、あまりにも虚しいではありませんか。

ページ上へ