門人ログイン
メニュー

事上磨錬

困難の中でこそ自身を磨く

心身を制御するのは難しい

絶え間ない自己観察によって、心身を中庸に保つこと。それを「不動心」などと申しますが、武術を志した者は、この境地を目指して修行を重ねます。精密な所作で敵を制する柔術も、他力一乗に則って生き延びる術を得る剣術も、全てはこの不動心を得るためであると言っても過言ではありません。

しかしながら、心身を完全に制御するという境地は、我々のような凡夫にとっては果てしない道の先にあって、まさに「言うは易く行うは難し」といったところです。

日々が順調に進んでいる時は、自己を制御するのは簡単です。不自由のない生活で、明るい未来が約束されているように思えるならば、心身は容易に平静を保てるでしょう。

問題は、自分の手に余る程の困難を抱えた時です。ひとたび転落し、迷いと混乱の渦中にある時、心は悪観念に支配され、平静を保つどころか、自己の内面に目を向けることすら容易ではありません。

そのような時にこそ、自分自身の本質が現れます。取り繕うことも、理想を語ることも出来ず、ただただ耐え、忍び、足掻き、苦しむ。激しく浮き沈みする精神が、どれだけの高潔を保てるのか。口先だけの精進では、押し寄せる圧力に圧倒されるばかりでしょう。

苦しみこそ自己を育てる糧となる

陽明学の始祖、王陽明の言葉に「事上磨錬」というものがあります。本や、インターネットから知識を得るだけではなく、実際の行動や実践を通して精神を練り磨くことが重要である、といった教えです。

現実の社会は、決して思い通りにはいきません。予想だにしなかった難事に遭遇しながら、苦しみを克服することで人は成長するものです。

言い換えるならば、苦しみの中でこそ、人は磨かれるとも言えます。ゆえに、見る角度を変えれば、苦しみは忌避すべきものはなく、自己を成長させるための、何物にも代えがたい財産となります。苦しみに感謝するに至って、苦しみは苦しみではなくなります。

武術者は、この世が苦しみで構成されていることを知りながら、その苦しみを利用して、心を向上させます。

敵対する相手と斬り合い、殺し合うという武術の構図は、まさに苦しみそのものであり、その中から安寧を得ようと試みることは、即ち「苦しみ」からの解放を目指すことと同義であり、中庸への指標となります。

精神的な境地を目指す道程で、ままならない心身を持て余しながら、耐えて、忍んで、堪えるのもまた、武術者の態度でありましょう。

理想を追いながらも、現実から目を背けず、その時その時で自分に出来ることを精一杯に励む。その姿勢こそが気高く、凡夫が不動心へと至る唯一の道であると信じております。

煉誠館は、世の中と向き合い、事上磨錬を実践しながら少しずつでも成長し、昨日よりも今日、今日よりも明日、より良い存在でありたいと願う者たちが集う場所でありたいと考えています。

ページ上へ