門人ログイン
メニュー

杖術

武術特有の力を養成し、他力一乗への手掛かりとする

杖術の概略

杖術は、長さ五尺ほどの杖と呼ばれる武具を用いて敵を制する技術であり、剣の応用です。
杖には刃がありませんので、武器としての威力を期待することは出来ません。一太刀で決することを望まず、連続した打ち込みで相手を撹乱させ、粘りつき、急所に攻め入って勝利を得ます。それだけに、より一層の柔らかさと間合いの妙が要求される技法となっております。

煉誠館に伝わる杖術は、体に杖を絡み付けながら、四方八方上下の軌道を描く独特の杖捌きが特徴的です。遠距離においては間合いを計り、敵の武器を巻き落とし等で捌きつつ、様々な角度から連続で打ち据えます。近距離においては、敵の体に粘りついて密着し、杖を手足に絡み付けて固め、投げ放つといった柔術的な技法を交えて敵を制します。流れの中で穂先と鐺を入れ替える動作が含まれているのは、母体である槍術(手槍)の影響であり、杖術から槍術への展開が比較的容易で、一貫性を持っているのも特徴と言えます。

加えて、杖術には、体を練り鍛えて武術者としての軸を作る鍛錬法という側面もあります。
一人稽古の素振りを丁寧に模索することで、丹田を原動とする螺旋の「躰動法」の修得につながるため、初心者はもちろん、上級者であっても絶えず研究しなくてはなりません。

単純な筋力に頼らない武士の業は、杖の一人稽古のような地道な鍛錬によって風格が維持されます。杖の鍛錬によって得た粘りある力は、柔術や剣術等の技法にも応用され、武術の総合的な実力を高めてくれます。

また、杖術は、現実的な護身術としても非常に有用です。杖の母体となった手槍は、武士が護身用に携帯した武具であり、煉誠館においても、いざという時に身を護るための「武士の嗜み」であると位置づけております。
刃を必要としない杖術の技は、日常的に手にする道具で代用することが可能です。傘、ほうき、モップなど、棒状の道具があれば、素手よりも安全に敵を制することが出来ます。

万が一、凶悪な暴漢に出会ってしまった時、素手で立ち向かうことは避けなくてはなりません。敵が複数であるなら尚更です。周囲を見回し、武器となるものを手にすることで、生き延びる確率は跳ね上がるでしょう。

武術特有の力を養成する鍛錬であり、自他を守る護身術としても効果が高い。更に踏み込んで奥の段階に入れば、他力一乗を感得する立ち居振る舞いの型へと発展します。
杖術は、単純に敵を倒すための方法論ではなく、様々な意味で広がりのある奥深い技法なのです。

  • 杖術 イメージ画像1

    杖術の稽古風景

  • 柔術 イメージ画像2

    鐺上段下之構

  • 柔術 イメージ画像3

    敵の小手を制する

杖術教伝内容

手解き

初伝儀

  • 十方之振
    (練体素振り)
  • 杖組討之型・表 拾参本
  • 護身試合口 七本

中伝儀

  • 【練体之型】
  • 水走
  • 杖組討之型・裏 拾参本
  • 護身試合口 五本

奥伝儀

  • 【練体之型】
  • 風魔棍
  • 飛龍
  • 双杖之振
  • 杖組討之型・奥 拾壱本
    (飛龍組討)

※口伝、教外別伝、秘伝あり

ページ上へ